排気ガス処理

排気ガス処理は、燃焼などによる排出ガス(排気ガス)を周辺環境に影響を与えないように処理してから排出することである。

内燃機関、ボイラー、焼却炉などの燃焼機器からは燃料の燃焼による排気ガス、化学薬品製造、塗装などの工場からは有害物質を含んだ気体、食品加工、畜産などでは臭気を帯びた空気が排出される。これらを無害、無臭化するため、除塵や有害物資の分離などを行うものである。

移動発生源である自動車や船舶などでは、小型軽量の処理装置が求められている。また、ガソリン、軽油、重油の低硫黄化などの燃料改質や、燃焼機器自体の改善による燃焼改善が行われている。

大型の固定発生源である焼却炉、火力発電などでは、水、薬品の使用量や処理に必要なエネルギーが少なく、廃棄物が少ない処理方法が求められている。また、地上へ高濃度の排気ガスが到達しないよう、高い煙突が用いられる。